京都市の小規模企業者のマーケティング戦略の立案と経費の適正化で売上と利益を支援!

京都の小さな企業専門の中小企業診断士

京都の小さな企業・自営業の専門家

ホームページを見てくださりありがとうございます。

当事務所は、中小企業診断士事務所として、京都の地に根差した小規模事業者(サービス業)の経営戦略・経営革新・創業のご支援を行っております。

 

小規模事業者のための「顧客から考える経営戦略」立案支援

小規模事業者というのは、製造業で従業員20人以下、サービス業で従業員5人以下の小さな企業(自営業を含みます)のことです。

小規模事業者の特徴としては、家族企業であるほか、経営者が先頭に立って、営業や製造、サービスを行っているため、先のことを考える時間もないくらい忙しい。といったことが挙げられます。

時間がないけど、経営戦略、つまり未来への経営の方向性は決めておいたほうがいいというのはみなさん納得していただけるはずです。

今の売上も、過去に「こうすればお客さんが来るはず」と経営の方向性を決めて実行したからですよね。

未来の成果は、今、何をするか、今から何をするのか、で決まります。

有名なたとえですが、「あてもなく散歩していたら、富士山にのぼっていた」なんてことはないのです。

今から何をするのか、を決めることは、今から何をしないのか、を決めることでもあります。

顧客を起点とした経営戦略を立て、具体的に何をするのか、しないのかを計画して、実行し、厳しい経営環境でも生き残れる強い小規模事業者を目指しませんか。

 

小規模事業者のための「経営革新計画」立案支援

経営革新計画というのは、中小企業新事業活動促進法に基づき、都道府県から、新しい事業の取組みについて承認を受けた経営計画のことです。

経営革新計画を立案するということは、自社の現在を分析し、成長するために新しいことを始める経営計画をつくるということです。

また、経営革新計画の承認を受けることで、低利の融資などの多様な支援策を受けることができます

 

小規模事業者のための「創業」支援

2014年現在、政府は、企業の新陳代謝を活発にすることで、経済を活性化させようということで、開業率を欧米並みの10%まで引き上げようと考えています。

ちなみに、京都でも、開業率は2%程度ですから、10%まで引き上げることは、簡単なことではありません。

しかし、政府がこの方針を示してからは、創業をする人向けの融資制度などが手厚くなったりと、徐々に創業しやすい環境が整ってきたように思います。

当事務所の創業支援では、融資が受けれるレベルの事業計画づくりのご支援を中心に、創業後も計画のブラッシュアップをサポートしていきます。

 

サービス業(スクール・スポーツジム等)の集客支援

経営コンサルタントにはそれぞれ得意な業種、つまり実績がある業種があります。

私にとっては最も得意な業種は、英会話教室やフィットネスクラブなどの会員制ビジネスです。

スタートアップでヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源がない中で、どのように集客していくか、お悩みの経営者も多いと思います。

集客については、半年で会員数を4人から30人に増やす、3年で30人から200人に増やす、といったかたちでお手伝いさせていただきました。

集客支援では、まず、地域で一番になる、ことを目標にマーケティング戦略を立て、実行策まで、手伝いさせていただきます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。